« 今さらですが | トップページ | 例えばこんな使われ方 »

著作権はどこまで、誰を守るのか

脚本家の荒井晴彦さんら、芥川賞作家の絲山秋子さん提訴
(asahi.com 2009.7.14)


うーん・・・これって、どうなのだろう。
法律としては、脚本家に軍配が挙がるのだろうか。

でも、作家さんとしては、脚本になってドラマ(?)になったりするのはいいけれど、
「活字」として残したくない、ということなんだろうしなぁ。

もともとの創作している作家が、基本的には著作権じゃだから、そちらの言い分に軍配ってこともあるのかなぁ。

う~ん・・・難しいなぁ・・・

« 今さらですが | トップページ | 例えばこんな使われ方 »

著作権」カテゴリの記事

コメント

私も8/17参加します
ミッフィーかぴばらさんと
会場でお会いできたら嬉しいなあ~

それと!お誘いがありまーす!
全国図書館大会の関連イベントとして、
10/29(木)夜にこんな企画をしています
↓↓↓
http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/

岡本さんや私も事務局で携わっており、
絶対、楽しくて元気の出る素敵な
イベントにしようと思っていますので、
ぜひぜひお越し下さいませ

ご一緒に同僚・お仲間の図書館員の
皆さまもお誘い頂ければ幸いです。
上記URLから参加申込みができます

どうぞよろしくお願いします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 著作権はどこまで、誰を守るのか:

« 今さらですが | トップページ | 例えばこんな使われ方 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ