« レファ協を改めてみてみる | トップページ | 図書館の本にもポップ »

続・レファ協を改めてみてみる

「レファレンス協同データベース」

前回に引き続き、気になった部分を少し。

検索結果詳細(レファレンス記録)に記載されているURLにリンクがされていない。

どうやらこれは、リンクを貼れるようには出来ていないのではないかしら。
どのページも同様だったので。
せっかくネットで検索して、欲しい資料がネット上に存在するのに、URLをコピペして・・・というのは、ひと手間かかってしまいます。

人間、便利に慣れてしまってはいけないなぁ~と思いつつも、やはり調べていることの資料がすぐに見れれば嬉しいので、ワンクリックで該当資料を表示できることはネット掲載上、必要だと思います。

また検索結果から「条件の絞込み」という絞込検索が出来るのかな?と思わせるボタンがあるのですが、前の画面に戻るだけ・・・。
(入力した語は消えずに残っている)

これならば、検索窓を表示して「さらにキーワードを追加する」などの表現の方が「ガッカリ感」が少ないのではないでしょうか。
(ごめんなさい、私はちょっとガッカリしてしまいました(苦笑))


そして、やはり今後への期待を込めて、

もっとたくさんの事例を掲載してください

という気持ちです。

これは多くの協力する図書館、図書館員がいればよいので、まだ準備段階なのかもしれませんが、参加館を徐々に増やす時期などをアピールしてもらえればいいな、と思います。

もう少し気軽に参加できるような体制が早く整うといいですねnote

前にも書いたのですが、「gooのQ&A」などと同じように、図書館のレファレンス記録がどんどん利用されるように整備し、情報提供をすれば、典拠や資料を持っている図書館もわかるので、利用も増える・・・かもしれません。

ノイズの少ない、価値のある情報を「図書館のQ&A(レファレンス)」なら得ることが出来る!というアピールをしていき、調べものをネット検索している人たちにも図書館を利用してもらえるようにしたいですね。

この場合、レファレンスをネット上から受け付けることも同時に行い、常に新しい疑問に答えてくれる図書館が、利用者の近く(ネットでも、図書館という場所でも)にあるようにしていければ良いと思います。

日々の業務の中に、ネットからのレファレンスへの回答をする時間をとるのは、なかなか難しいと思いますが、実際に図書館に来て職員に聞くことよりは、ハードルが低く、気軽に図書館の情報を利用できるのではないでしょうか。

また、実際に図書館に来て、調べものを長時間する(一緒に見て回る)のを苦にする人、図書館が遠いなど利用が困難な人たちも、もっと気軽に図書館を利用する手段になり、図書館と利用者の交流が可能になると思います。

今後ますますインターネットで調べものをする人が増えれば、(確実に増えるでしょうけれども)来館者以外のネット訪問者も大切な利用者であることには変わりありませんので、インターネットからの情報受発信への業務時間を組み込むべきだと思います。

« レファ協を改めてみてみる | トップページ | 図書館の本にもポップ »

レファレンス協同データベース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1139425/27584208

この記事へのトラックバック一覧です: 続・レファ協を改めてみてみる:

» ●レファレンス協同データベース [集合!ネクサス2.0]
レファレンス協同データベース をライブラリ・アカデミ第5回の準備に使ってみました。 1.リンクが張られていない(該当資料・URLへ) 「ライブラリアンはBAINARYの夢をみるか」様の 『続・レファ協を改めてみてみる』の検索結果詳細(レファレンス記録)に記載されているURLにリンクがされていない。 ●調布市立図書館レファレンス回等事例集  ・関連機関へのリンク有り  ・参考資料へのリンク無し(自館所蔵有りでも)が残念 ... [続きを読む]

« レファ協を改めてみてみる | トップページ | 図書館の本にもポップ »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック

無料ブログはココログ